クリック7回でFacebookのスパム投稿を通報する方法

通販詐欺サイトの友達を無差別にタグ付けする怪しい宣伝が増えてきましたね。
こういった投稿元は、何らかの原因でFacebookのアカウントを乗っ取られていますので、友達が乗っ取られていたら連絡してあげましょう。
数カ月前にものすごく怪しいレイバンの宣伝があって、どうせすぐ廃れるだろうとスルーしていたのですが、意外にしぶとく生き残っています。

脈絡のないタグ付けにお決まりのブランドもの、日本語も微妙におかしかったりツッコミどころが多いものの、どういう訳か「いいね!」が押されていたり、味を占めたのかバリエーションが増えてきたり、これを怪しいって感じる人は僕が思っているよりも少ないのかもしれません。

「このままではイカン!」 そう思いましたので、対策でも書きます...

通報について

冒頭にも書きましたが、リンク先は詐欺の通販サイトです。
買い物はもちろんのこと、決して「いいね!」を押さないでください。
そして、Facebookが怪しい宣伝の温床とならないようにさっくりスマートに通報しましょう。

通報のメリット

運営に連絡することで問題が表面化され、対策が期待できます。
通報の数は深刻さの指標になりうるので、ジャンジャン通報しましょう。
また、対応によってFacebookが今後も利用すべきSNSかどうかを占うこともできます。

通報の手順

1.投稿の右上にある「∨」をクリックし、さらに「この投稿を報告」をクリックします。
通報手順1

2.「問題についてお聞かせください」とウィンドウが表示されますので「○スパムである」をクリックし「次へ」をクリックします。
通報手順2

3.引き続きウィンドウが表示されますので「○アカウントが不正」をクリックし「次へ」をクリックします。
通報手順3

4.「よろしくお願いいたします」とウィンドウが表示されますので「何がよろしくやねん!」という気持ちをグッとこらえ「終了」をクリックすれば完了です。
通報手順4

方法は以上です。

おまけ:タグ付けをする理由

全体に公開する投稿よりも、タグ付けされた投稿の方がタグ付けされたユーザーを中心に友達、または友達の友達に表示されやすくなります。
つまり、ユーザーがタグ付けされればされるほど、多くのユーザーの目に触れやすくなります。

勝手にタグ付けされたくない方は

Facebookの設定で勝手なタグ付けを防ぐことができます。
詳しい操作についてはFacebookでスパムサイトに勝手にタグづけされないために設定を変更する方法:よつば手帳が参考になります。

無料サービスには思わぬところに落とし穴があるものです。
自分の身は自分で守りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする